サーバーを移転しました(2回目)

雑記

最近サーバーを移転したので、その報告をしておきます。

移転を決めたきっかけ

サーバーを移転しようと決めたきっかけなどです。

更新料の値上げがあった

まず、ロリポップ!サーバーで「サーバーのスペックアップ」による使用料金の値上げがありました。

私が契約を結んだ時のひと月あたりの料金は、6ヵ月・12ヵ月の場合どちらも税込み「275円」だったのですが、2021年4月28日からはそれぞれ税込み「385円」と「330円」に改められました。

確かにディスク容量や転送量が強化されたことはうれしいのですが、流石にちょっと値上げ幅が大きいかな…と感じてしまいました。

24ヶ月の契約であれば、ひと月あたりの料金は「275円」のままです。ただ、これは「275 * 24」で「6600」円払うことになりますので、一回の支払金額は大きくなります。

なので、半年もしくは1年使ってから別のサーバーへ移転を行う場合、少なくとも3000円以上の損をしてしまいますので注意してください。

契約期間が6月末までだった

私がロリポップ!サーバーのライトプラン・6ヵ月を契約したのは去年(2020年)の暮れの方でしたので、今年(2021年)の6月末に利用期間が切れます。

で、ちょうど先ほど上で説明した更新料の値上げが行われたため、これはサーバーを移転するいい機会なのではないかな?と思いました。

もちろん、新料金になる前に契約書を作って利用期間を更新しても良かったのですが、どうせそれをしても次からは別のサーバーに移転することになるだろうしな…といった考えに至りましたので。

そんなわけで、移転の決行を決めました。

「ロリポップ!サーバー」から「スターサーバー」へ…

で、サーバーを移転することにしたのですが、候補はずっと前に決まっていました

それは、「スターサーバー 」です。

以前、MixHostからの移転を考え「信頼性が高く格安プランが存在するサーバー」を探したとき、その最終的な候補はロリポップ!サーバーとスターサーバーのふたつに絞っていました。そして、前回はロリポップ!サーバーを選んだので、今回はもう一つの候補だったスターサーバーにしたというわけです。

そして、ライトプランの12ヵ月契約を結びました。ひと月当たり税込み「275円」キャンペーン中で初期費用が無料でしたので「3300円」の支払いとなりました。

スポンサーリンク

作業時に手間取ったところ

「既に一度サーバー移転を行っているから今回も簡単に出来るだろう」と簡単に考えていましたが、正直かなり手間取りました

というのも、スターサーバーにはサーバー移転の支援機能が存在していないのです。なので、自分でFTPソフトを用意して作業を行う必要がありました。これが意外と大変で、ディレクトリやデータベースは正しく復元されているのか?画像は正しく表示されているのか?といった確認の作業に追われました。

ロリポップ!サーバーは「WordPress簡単引っ越し」というサービスが存在しており、ドメインなどを打ち込むだけで後は自動で移転作業を行ってくれます。

このため想定よりも時間がかかってしまい、結局作業の完了には丸6日近くかかってしまいました

ただ、それ以外は特に問題なく進んだので、FTPソフトを使うサーバー移転の良い勉強になったと考えています。


当サイトでは、今回の体験を元にロリポップ!サーバーからスターサーバーへ移転する方法を詳細に解説しました。

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

現在と、これから

特に問題なく当サイトは動いています。良い意味で目に見えた変化を感じることはありませんね。

スターサーバーもオールSSDですし、転送量も十分にありますから。まあ、ここら辺は各社横並びのスペックになっています。また、1年間の契約を結んだのでしばらくはサーバーの移転とかは考えないです。

また、移転作業時の確認で気が付いたのですが、当サイトのAMP時のレイアウトがだいぶ崩れていたようです。添付した画像が記事中に収まっていなかったり、ブログカードやボックスの見出しが崩れていたりと。また、スタイルシートの容量が多すぎてAMPエラーも起きていました。

なので、取り合えず気が付いた部分は全て修正し、CSSもダイエットさせておきました。ご迷惑をおかけしました。

そして、これからも当サイトをよろしくお願いします。

ちなみに、当記事は第90回目の投稿になります。

まあまあ続いてるなぁ…と感じております。このブログを始めた頃は、2度もサーバーを移転するほど続けるとは考えてもいませんでしたから。

雑記
スポンサーリンク
マイクス・トムの小屋