【phpMyAdmin】「MySQL」のバックアップを取る方法

全般

今回は、WordPressのデータベースのバックアップを取得する方法を紹介していきます。

当記事では、「ロリポップ!サーバー」を例に紹介しています。

スポンサーリンク

WordPressのデータベースとは

データベースのバックアップについて紹介する前に、WordPressのデータベースについてちょっとおさらいしておきます。

以前、WordPressのバックアップについて紹介したとき、「WordPressには必ずバックアップしなければならないものがある」と書きました。

そのうちのひとつが、今回取り扱う「データベース」です。

この「データベース」は、WordPress上に作られるすべての情報を「テーブル」として記憶し、情報の「関係性」を取り出し繋げ合わせてテーブルを作り直すことにより、ユーザーがWordPressに命令した答えをWEBサイト上に反映します。

つまり、どのユーザーがどの記事を書いたのか、この記事はどのカテゴリに属するのか、そもそもこれは投稿記事なのか固定記事なのか?と言った情報を、関係性に基づいて正しく整理し、WordPressに伝えてくれるのです。それによって、記事が投稿した順番に並んだり、固定ページをホームページにしたりすることが出来るのです。

なので、データベースが破損してしまうと、WordPressが正しく表示されなくなってしまいます。ユーザーが認識されず、ログインできなくなってしまうかもしれません。

このため、データベースのバックアップは大切なのです。

「MySQL」とは

こちらについても、少し説明しておきます。

WordPressのデータベースの管理には、「MySQL」と呼ばれるシステムが採用されています。

専門的な話になるので機能などの話については割合しますが、「Twitter」や「YouTube」などの大手WEBサイトにも採用されている人気のデータベース管理システムで、全世界で8割以上のWEBサイトに使用されています。

また、MySQLは「オープンソースソフトウェア」でもあります。そして、ライセンスに従って普通に利用する場合は、無料で入手して使うことが出来ます。ただし、ライセンスを外れた利用を行う場合は、有料で契約を結ぶ必要もあります。

「SQL」とは、「データベース言語」のひとつです。なので、「MySQL」に含まれる固有名詞ではありません。「SQLite」など、他のデータベースシステムでも使用されています。

ちなみに、「SQL」は略語ではありません。「エスキューエル」そのままです。

データベースのバックアップをとってみよう

それでは、WordPressのデータベースを取得する方法を紹介していきます。

①:「phpMyAdmin」にアクセスしよう

データベースの内部を閲覧し、保管されているデータをダウンロードするためには、「phpMyAdmin」にアクセスする必要があります

なので、まずはそれを開きましょう。

ロリポップ!サーバー」を例に、サーバー内の「phpMyAdmin」にアクセスする手順を紹介します。

まず、ユーザーページ左側のサイドバーの「サーバーの管理・設定」内に存在する「データベース」をクリックしてください。

すると、「データベース」というページを開くことが出来ます。

このページの中に記されている「サーバー」「データベース名」「ユーザー名」の3つが、「phpMyAdmin」のログインに必要になります。

また、「ユーザー名」の部分に存在する「パスワード確認」をクリックすると、ブラウザの通知によってパスワードを確認することが出来ます。

この通知の部分をコピーしたら、「OK」ボタンをクリックして閉じておきましょう。

さて、これらのログインに必要な情報を確認したら、「phpMyAdminを開く」をクリックしましょう。

これで、phpMyAdminにアクセスすることが出来ます。

各自、上記に示した通りにアクセス画面までたどり着けたでしょうか?他社のサーバーでも、だいたい同じような手順でphpMyAdminにアクセスすることが出来るはずです。

さて、「phpMyAdmin」を開くと、このようになっています。

ここに、先ほど確認したパスワードやユーザー名を入力しましょう。

また、「サーバの選択:」から使用中のサーバーを選ぶことも忘れないでください。

ここはちょっと忘れやすい部分なので、注意しましょう。「ユーザー名もパスワードも入れたのに入れない……」と悩んでしまうことがありますので。

そして、全てのログイン情報を入力したら、一番下に存在する「実行」ボタンを押してください。

ログインが成功したら、このような画面が表示されます。

これが、「phpMyAdmin」のデータベース画面になります。

ここでは、WordPressのデータはすべて「テーブル(表)」形式で、人間が閲覧しても理解しやすいように表示されています。

データーベースのデータを編集することも出来ますが、今は絶対にやめてください。

取り返しがつかないことになり、バックアップどころではなくなってしまいます。

それでは、次に進みましょう。

「phpMyAdmin」について

「phpMyAdmin」についても、少し説明しておきます。先にアクセスする手順を紹介したので。

これは「データベース接続クライアントツール」と呼ばれているものの一つで、WEBブラウザからMySQLデータベースを閲覧するために存在しています。

これらのツールは、人間が理解しやすいように、データベースを「コマンドライン」形式から「テーブル(表)」形式のインターフェイスで表示してくれます。もちろん、ユーザーやカテゴリと言った、指定した情報を基準にデータベースを並べ替えて確認することも可能です。これは、「ソート」ともいいますね。

また、専門知識を必要としますが、データの編集や挿入、抽出や削除も自在に行うことが出来ます。さらに、コマンドを打ちこんで命令を行うことも可能です。

なお、これらのツールは、ほぼすべて有償です。

なので、ライセンスの条件下において無料で自由に使うことが出来る「phpMyAdmin」に感謝ですね

②:「テーブル」を選択しよう

では次に、データベースの「テーブル」を選択しましょう。

テーブル」とは何でしょうか?

それは、WordPressの「データベース」のことです。

先ほど、ロリポップ!を例に説明した画像に、「データベース名」と言うものが存在しましたよね?

これが、そうです。

「phpMyAdmin」では、データベースひとつひとつのことを「テーブル」と呼んでいます。そもそも、「MySQL」というシステムは、データをテーブルとして管理するものですからね。

そして、仮にデータベースが10個存在するなら、テーブルも10個存在します。

なので、こう覚えましょう。

「データベース名」 = 「テーブル」

忘れないようにしておきましょうね。

上記の説明が分かりましたか?

例えば、複数のWEBサイトのデータベースが同一のサーバー上に存在する場合、MySQLそのもののバックアップを復元してしまうと、別のWEBサイトに不具合が起きる可能性があります。

このため、バックアップを取りたいサイトの「テーブル」を選ぶ必要があるのです。

ではまず、phpMyAdminを開いた画面の左側に存在する、「カレントサーバ:」と書かれているサイドバーを見てください。

ここに、表示されているものが、「テーブル」です。

それでは、ここに表示されているテーブルをクリックしてください。

すると、このようになります。

これがテーブルページ、すなわちWordPressのデータベースの内容を羅列したページになります。

「comments」や「terms」、「users」と言った文字が確認できますか?これらは、MySQLで管理されているWordPressのデータの一部です。これらの関係性を組み合わせて、WEBサイトのデータが構築されているのです。

さて、ちゃんとバックアップしたいテーブルが選ばれていることを確認したら、次に進みましょう。

もし、ひとつのテーブルで複数のWEBサイトを運用している場合は、データベースを復元する際に注意してください。

バックアップが古いままだと、いっぽうのサイトは正常に復元できても、もういっぽうのサイトに不具合が起きる可能性があります。

③:「エクスポート」を行おう

それでは、最後の作業に移ります。

先ほど選択したテーブルを「エクスポート」しましょう。すなわち、自分のパソコンにダウンロードするということです。

まず、テーブルのページの上のバーに存在している「エクスポート」ボタンをクリックしてください。

すると、少し読み込みを挟んでから、このようなページに切り替わります。

ここが、テーブルのエクスポートページになります。

では、この画面の設定の説明を少し解説します。

エクスポートの設定のメモ
  • エクスポート方法:
    簡易」を選んでください。
    今回は、ただバックアップを取るだけですので。
  • フォーマット:
    SQL」が選ばれていることを確認してください。
    SQLファイルじゃないと、正しく復元することが出来ません。
  • エンコーディングへの変換
    なし」が選ばれていることを確認してください。
    バックアップは元のまま取る必要があります。

この通り、基本的に自分で設定する必要は何もありません。「エクスポート」を開いたときのデフォルトの状態のままで良いです。

それらが全て選択されていることを確認したら、一番下の「実行」ボタンを押しましょう

すると、ブラウザにテーブルのダウンロードが開始されるので、ダウンロードが終わるまでちょっと待ちましょう。と言っても、大して時間はかかりません。

これで、WordPressのデータベースのバックアップは完了です

ダウンロードしたファイルは、日付を付けたフォルダにでも入れて、ちゃんと分かりやすい場所に保管しておいてください。WordPressのバックアップと同じ場所に、それぞれ「WordPress」「MySQL」と名前を付けた入れておくと分かりやすくておすすめです。

それでは、ここまでお疲れさまでした。

復元の際に注意すること

さて、データベースのバックアップが完了しました。

しかし、これをただテーブルに「インポート」するだけでは不具合が起きてしまいます。

なので、今回はデータベースを復元する際に気を付けたいことも解説しておきます。

テーブル内の情報を削除する

これはとても重要です。

と言うのも、MySQLのデータベースは、Windowsのファイルエクスプローラーやサーバーのファイルディレクトリのように「上書き」されません。これはつまり、テーブル内に「重複したテーブル情報」が生成されてしまうことを意味します。

なので、バックアップしたデータベースを復元する際は、必ず「テーブル内の情報の削除」を行ってください。

方法は、トグルボックス内に書いておくので、開いて読んでみてください。

まずは、先ほどと同じくphpMyAdminのテーブルを選択して、テーブルページを開いてください。

そして、表示されているテーブルを下にスクロールして「すべてチェックする」にチェックを入れてください。

それから、そのすぐ横のセレクターをクリックして、ドロップダウンから「削除」を選んでクリックしてください。

すると、少し読み込みを挟んだ後、このような画面に切り替わります。

ここが、選択したテーブルを削除するページになります。

赤い背景の要素に表示されている文字列は、これから削除するテーブルの情報です。

その下の要素の右側にある「はい」ボタンを押すと、テーブルを削除することが出来ます。

これが、テーブル情報の削除の手順になります。

もしデータベースをバックアップしなければならない事態になったら、このことを必ず忘れないようにしてください。

テーブル内の全てのデータを削除してから、データベースをインポートしてくださいね。

終わりに

今回は、WordPressのデータベースのバックアップとその注意点について解説しました。

MySQLで保管されているデータは、WordPressをWEBサイトたらしめるために大切な情報なので、必ずバックアップを取るようにしておきましょう。

また、バックアップを復元するときは、以前のデータを消去することも忘れないようにしてください。

なお、FTPソフトを使用してWordPressをバックアップする方法については、こちらの記事で解説しています。

それでは、また。